無料ブログはココログ

病気

2018年8月28日 (火)

蜂巣炎

前回から4ヶ月ぶりの書き込みとなってしまいました。 先々週からお尻の辺りから赤みが出ていて、あせもかな?と思ってあせもローションを 塗って少し良くなったりしていたのが、段々右足の付け根から下に下り、熱を持ってきました。 皮膚科を受診すると、帯状疱疹との事で、飲み薬や軟骨を塗って仕事にも行っていました。 ところが赤みがまた下にどんどん広がり、夜に38.8度の熱が出てしまいました。 再度皮膚科を受診すると、白血病で通っている市立病院へ紹介状を持って 行くように言われました。 たまたま娘が一緒にいたので、車で市立病院の受付ギリギリの11時少し前に 到着しました。 血液内科は受付に間に合ったのですが、皮膚科が10時半までで終わってました。 しかし聞いて貰い皮膚科が混んでなかったので、受診できました。 私の足を見てすぐに、誰かと一緒に来ているのか? 聞かれ、入院しなければならないと言った話しとなりました。 血液検査や心電図の検査に行く時は、車椅子を看護師さんが押して 下さり、結果が出るまで血液内科に受診しました。 何故血液内科も受診するのか?不思議に思っていましたが 主治医の先生から、皮膚科の治療を優先する為に 白血病の数値も安定しているので、暫く薬は休みましょうと 言う事になりました。 血液検査の結果炎症数値と肝臓の数値が高いので、入院になりました。

2016年8月10日 (水)

未だ結核菌は見つからず

 7月から呼吸器科に通い、血液内科と同じ曜日に予約を入れて
痰や胸のCTを撮ったり痰の培養等検査をして、今日は胃液を
採取して検査をしました。
血液内科の主治医と呼吸器科の主治医とが連絡を取り合って
「結核の治療する事になれば、白血病が落ち着いているので
スプリセルを中止することが出来る」と話をして頂き
一安心しています。
しかし職場で受けた血液検査は精密だからどこかに
結核菌が潜んでいるのでしょうか?
看護部長は「この検査をしなければ、一生気付かずに
過ごしていたかも知れないわね」と最初に言われたけれど
職場の仲間にもなぜだか知られてしまい、周りが神経質な反応を
しているので、結核菌が陽性ならば治療をしなければいけないと
思うけれど検査ばかりです