無料ブログはココログ

« 結核感染 | トップページ | 慢性骨髄性白血病その62 »

2016年8月10日 (水)

未だ結核菌は見つからず

 7月から呼吸器科に通い、血液内科と同じ曜日に予約を入れて
痰や胸のCTを撮ったり痰の培養等検査をして、今日は胃液を
採取して検査をしました。
血液内科の主治医と呼吸器科の主治医とが連絡を取り合って
「結核の治療する事になれば、白血病が落ち着いているので
スプリセルを中止することが出来る」と話をして頂き
一安心しています。
しかし職場で受けた血液検査は精密だからどこかに
結核菌が潜んでいるのでしょうか?
看護部長は「この検査をしなければ、一生気付かずに
過ごしていたかも知れないわね」と最初に言われたけれど
職場の仲間にもなぜだか知られてしまい、周りが神経質な反応を
しているので、結核菌が陽性ならば治療をしなければいけないと
思うけれど検査ばかりです

« 結核感染 | トップページ | 慢性骨髄性白血病その62 »

病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 結核感染 | トップページ | 慢性骨髄性白血病その62 »